カンヌも認めたルーマニアの新鋭、クリスティアン・ムンジウ監督作『エリザのために』

監督/クリスティアン・ムンジウ | 出演/アドリアン・ティティエニ、マリア・ドラグシ / 配給:ファインフィルムズ
By Yasuo Murao 2017/月号 P99〜99 |
クリスティアン・ムンジウ監督の最新作『エリザのために』。(C)Mobra Films - Why Not Productions - Les Films du Fleuve – France 3 Cinéma 2016
ここ数年注目を集めるルーマニア新世代の旗手、クリスティアン・ムンジウ監督による最新作『エリザのために』。

イギリス留学を控える娘、エリザを見守る医師のロメオ。卒業試験が迫ったある朝、エリザは何者かに襲われ、その動揺で試験に合格することが危うくなる。エリザを合格させるため、ロメオはコネを使って裏工作をしようと奔走するが、そのことが彼を追いつめていく。

カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した本作は、家族のトラブルを通じてルーマニアの社会の息苦しさをあぶり出す。緊迫感に満ちた語り口はムンジウらしい演出が光るところだが、その一方で、エリザの行動を通じて若い世代に希望を託している。それにしても、娘に病弱な妻、愛人とその子供まで面倒を見て走り回るロメオは男の哀愁のかたまりだ。頑張れ!



『エリザのために』
監督/クリスティアン・ムンジウ
出演/アドリアン・ティティエニ、マリア・ドラグシ
2017年1月28日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
http://www.finefilms.co.jp/eliza/

RECOMMENDED

TREND