カンヌ騒然『ネオン・デーモン』:異端の映像作家N・W・レフンが人間の狂気を語る

By Manabu Soma
(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch
ロサンゼルスのファッション業界を舞台にした注目作『ネオン・デーモン』。モデルになることを夢見て田舎から上京してきた16歳の女の子が、成功への階段をとんとん拍子で上っていくうちに、"美しさ以外は何の価値もない"という業界の常識にどっぷりと浸かっていく。

カンヌ国際映画祭でプレミア上映された同作は、賛否まっぷたつという狂騒に迎えられ、問題作として世界に放たれた。監督を務めたのは、デンマークの俊英ニコラス・ウィンディング・レフン。『ドライヴ』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞して一躍、世界注視の存在となったものの、続く『オンリー・ゴッド』で肉体的アクションをアートと融合させて論争を引き起こした異端の映像作家だ。

『ネオン・デーモン』でも彼は、ラジカルな作風で観客を挑発しており、なるほど、賛否両論が巻き起こるのも納得できる。筆者は熱烈にのめりこんで見たが、客観的にみるとこの映画を嫌う人も確かにいるだろう。いずれにしても、はっきりしているのはレフンが自分の表現方法に妥協しないアーティストであるということ。彼の作家性は何に根差しているのか? 『ネオン・デーモン』はどのように見られるべき映画と考えているのか? 本作を見た後にあふれ出てきた疑問をレフンにぶつけてみた。


(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

―『ネオン・デーモン』カンヌ映画祭のプレミア上映終了時には拍手とブーイングの両方が沸き起こったとのことですが、観客のこのような反応をどう受け止めましたか?

この映画が成功した、ということだと思う。賛否があって、論争が起こったのだから、『ネオン・デーモン』は、それだけが観客の心を激しくかき乱したわけだ。自分としては正しいことをしたと思っているし、もっといえばアーティスト冥利に尽きる。最大公約数の観客を喜ばせようとするハリウッドの娯楽映画を撮るような姿勢では、アーティストは、より遠くに突き抜けることができない。創造性というものは、よかれ悪かれ、受け手の感情を激しくかき立てるものだし、それを受けて僕自身も先へと向かうことができる。これは映画監督に限ったことではない。ミュージシャンはもちろん、小説家、画家・・・すべてのアーティストに言えることだよ。

RECOMMENDED

TREND