映画『ぼく明日』主演・福士蒼汰が語る、実写化作品を演じることの難しさ

By RollingStone Japan 編集部
(C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会
ベストセラー小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が実写映画化された。主演・福士蒼汰が、本作の制作秘話、役作りの難しさ、共演者・東出昌大とのエピソードなどを語った。

"ぼく明日"という愛称で親しまれる、時の奇跡と切ないラブストーリーを描いた累計発行部数110万部突破の恋愛小説、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』。この人気作品の実写映画が、10代~20代の女性を中心に話題を呼んでいる。

その理由は、まず青春恋愛映画の名手と名高い三木孝浩監督がメガホンを取ったということだろう。さらに、主人公・南山高寿役に福士蒼汰、ヒロイン・福寿愛美役に小松菜奈、高寿の同級生役に東出昌大、山田裕貴と今話題の実力派俳優が勢ぞろいした豪華キャストも注目すべき点で、中でも福士蒼汰はこれまで何本もの実写化作品を演じてきた名優だ。

今作では、非現実的な状況に翻弄されながらも愛を育くんでいく20歳男子の心情を見事に演じた福士だが、そこで小説原作ならではの役作りの難しさにも直面したという。今回のインタヴューでは、役と向き合っていく過程や実写化作品を演じるうえでの心構えについて話を聞いた。


(C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

―今作は同名小説の実写化ということで、役のイメージは原作から膨らませていった部分が大きいと思うのですが。

そうですね。僕的には、原作がある作品は難しい部分があると思っていますが、今回は小説原作ということで、多少やりやすさはありました。漫画の場合は大前提として絵があって表情や仕草のイメージが固定されている。その点、小説はその範囲が広いので、自分たちで目に見える部分をある程度新しく作っていけるというところで自由度が高いと思いました。ただ、その分ストライクゾーンが広すぎてどこに投げればストライクが取れるのか、そこを見極めることには難しさを感じました。
Text by Rika Suzuki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED

TREND