アデル、人気ソング・ベスト10

By BRITTANY SPANOS
(Photo by Mark Davis/WireImage)

3位 『Set Fire to the Rain』

力強いパワーバラード『Set Fire to the Rain』は、全米チャートで3週連続1位を飾った。曲名の「雨に火をつける」というアイデアは少々不思議なものではあるが、この壮大なシングルでアデルは、空高く打ち上がる花火のように美しく盛り上がるヴォーカルを見せつけた。彼女はコンサートで、雨の中で壊れたライターからアイデアが誕生したことを話し、この曲のタイトルの謎を明らかにしている。

2位 『Someone Like You』

切ない想いが詰まったこのバラードは、アデルの音楽の方向性を設定した一曲だ。シンプルなピアノと身に染みる歌詞から切なさが伝わる『Someone Like You』は、21世紀に最も世界的にヒットした感動ソングの一つとなった。2012年には、グラミー賞でその年に新設された部門、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞に輝き、同曲を聴いた観客の感情的な反応は幾度となくパロディされてきた。その中でも特に、曲が流れた瞬間にリスナーが涙するという、米テレビ番組サタデー・ナイト・ライブの動画が有名だ。

1位 『Rolling in the Deep』

アデルが彼女の世代の中で最も素晴らしい歌声の持ち主の一人であることを証明したのは『Someone Like You』かもしれないが、彼女を世界的なヒットメーカーにしたのは『Rolling in the Deep』だ。アルバム『21』の一曲目にふさわしい力強い失恋ソングのサビにおける、アデルの心のこもった「私たちは全てを手に入れられたのに」という嘆きは、失恋したリスナーに勇気を与えた。世界中のチャートで首位を飾り、全米チャートのロック、ポップ/アダルト、R&B/ヒップホップ、ダンス、ラテンの各部門で成功をおさめた2011年には、過去25年における最大のクロスオーバー・ヒットと称された。アデルは、たった一曲でそれら全てのジャンルのチャートを賑わせることができる、唯一のアーティストなのだ。



Translation by Miori Aien

RECOMMENDED

TREND