名匠オタール・イオセリアーニが語る:言葉とは"実存の音楽"

By RollingStone Japan 編集部
(C) Pastorale Productions- Studio 99
『月曜日に乾杯!』のオタール・イオセリアーニが、反骨精神たっぷりの最新作『皆さま、ごきげんよう』について、死生観、ロシア映画の歴史、フランシス・フォード・コッポラとの逸話を交え、ユーモラスに語った。

『皆さま、ごきげんよう』は、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンなどで数々の賞を受賞してきた名匠オタール・イオセリアーニ監督が、混沌とした社会で生きる個性豊かなパリの住人たちが織り成す日常を、反骨精神たっぷりのユーモアで綴った人生賛歌。82歳になった現在も、衰えるどころかさらに軽やかに鋭い視点で人間の営みを見つめ続ける名匠が、自由気ままにノンシャランと最新作について語った。

—イオセリアーニ監督は、どんなに厳しい状況でもユーモアをもって自由に生きることの素晴らしさを表現されてきましたね。しかし、今回の映画は普段より死の描写が多く、これまでの作品群に比べ悲痛なものを感じたのですが、何か心境の変化があったのですか?

本当に死んだのは一回だけですよ。冒頭のギロチンのシーンです。自然死をする人は一人も描いていません。

—戦争のシーンで、たくさんの兵士たちが倒れていましたが?

戦争で死ぬのは当然のことです。兵隊が戦争に行くときは、殺されることを覚悟しています。私が示したのは戦争のカリカチュアです。戦争の中で次々と兵士が死んでいき、戦に勝利した人々は女性たちをレイプする。これは昔の戦争の伝統です。しかし全体はリディキュラスです。戦争に勝った人が襲撃した家のマカロニを食べますが、すなわち彼らも餓えていたんです。彼らはマットレスや絨毯を盗みますが、どれも役に立たないものばかりです。しかもレイプするのも歳をとった女性です。あまり面白いことではないですよ。その後、兵士たちは並んで川の中で洗礼を受けます。そこにはグレゴリオ聖歌が流れている。その後、みんなで街を焼き払います。

その後は、日常生活の戦争が始まります。そこには感じの良い泥棒がいる。感じの悪い警官がいる。感じの良い浮浪者がいる。そして年老いた人々のかつての恋愛話が語られる。それがこの映画の全てです。


(C) Pastorale Productions- Studio 99
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND