8代目ゼクシィガール・新木優子が等身大の純愛映画『ぼくごは』を語り尽くす

By Keiichiro Oshima
(C) 2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会
瀬尾まいこのロングセラー恋愛小説『僕らのごはんは明日で待ってる』が、Hey! Say! JUMPの中島裕翔と新木優子の共演で映画化。監督から"演じるのではなく役を自分の中に探してほしい"と告げられた新木優子にとって、この映画はどんな意味を持つものだったのか。映画の魅力から自身の演技まで存分に語ってもらった。

―最初に台本をもらって読んだ時の感想を聞かせていただけますか。

じつは、台本を見る前に原作を読んでいたんです。映画のほうは原作とは違った結末の迎え方をするんですけど、それがすごく市井(昌秀)監督らしくて。なんかすごくほっこりするエンディングなんです。あとは、この映画って、壁ドンがあったりとか今どきの衝動的な描写みたいなものがなくて、二人の思い合っている気持ちを丁寧に描いているんですね。そこがすごく心に響く作品だなぁと思いました。

―今回演じたヒロイン・上村小春についてはどんな印象を持たれました?

小春は、とてもポジティヴで明るいんです。そこがすごく自分にも似ていたので、共感しましたね。高校生の頃から一人の人を一途に思うエネルギーを持っている、そういうところはすごいなぁと思いましたし。それでいて自分が秘密を抱えてしまっても、相手を思いやることができるんです。心の優しい女の子だなぁと思いました。


(C) 2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

―小春の役作りに関して監督とお話はされたんでしょうか。

一番最初の本読みの時にお話しさせていただきました。監督からは、"私と中島(裕翔)さんの中に、それぞれ小春と亮太がいるから、演じるのではなくて共通点を虫眼鏡で拡大して探してほしい"って言葉をいただいて。自分とすごく似ているなと思っていたので、そういった部分では小春によりそって演じることができました。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND