AAA西島隆弘が語る、自身の光と影:デビュー11年「散々泥水を飲んできた」

By RollingStone Japan 編集部
ローリングストーン日本版2017年WINTERのバックカバーを飾るAAA 西島隆弘(Photo by Chito Yoshida / AVGST)

以下、本誌インタヴューより一部抜粋

今まで散々泥水を飲んできたし、なんでこんなことをやらなきゃいけないんだろう?って思うような不条理なことがたくさんあった。それがいいことなのか悪いことなのかもわからなかったし、よくないことだと思いながらやっている自分がかわいそうだとも思ったし、"自分のためになるから"って周りから言われても、自分ではそう思えなかったし。

そういうゴチャゴチャした感じをずっと背負ったまま仕事をしてきているので、"間違っていない。そのままで大丈夫だよ"って行ってくれたのが本当にありがたくて。そういう救いがなかったら、おかしなことになっていたかもしれない。

彼が"救い"と語る、蜷川幸雄と園子温。彼らとの出会いやエピソード、そしてデビュー11年という長い道のりを経て経験した苦悩を語ったロングインタヴューは必読だ。

今年9月と10月にソロ初ライブを大阪城ホール&国立代々木競技場第一体育館で各会場2DAYS行い大成功を収め、来年の1月には横浜アリーナでの追加公演も決定している西島隆弘。若くして様々な経験をし、たどり着いた境地。彼の"告白"を是非読んで欲しい。





ローリングストーン日本版 VOL.111 2017年WINTER

発売日:2016年12月10日(土)
定価:880円
本誌詳細はこちら:http://www.rollingstonejapan.com/magazines/detail/24934


Text by Kanako Mori(RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED