蒼井 優&松居大悟監督インタヴュー:「足下に結婚と出産は落ちていなかった(笑)」

By Yasuo Murao 2017/01月号 P11〜11 |
(C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

―また新たに女性についての情報が(笑)。

蒼井:その余計な情報はともかく、別のアドバイスを求めたら"もうちょっと情けなく、ダサくやってくれ"って言われて、そのとおりにやってみたら春子の気持ちがよくわかった気がしたんです。"今、自分の前からいなくならないで欲しい"ってことなんだなって。何かが終わることを恐れているんですよね。"終わるのなら私のタイミングで終わってほしい"っていうことなんだろうなって。

―孤独に生きてきた春子にとって、曽我との関係が終わることで、また孤独な世界に戻るのが耐えられないわけですね。

蒼井:そう。人間関係がゼロになるのが恐ろしい。

松居:自分のことを見てくれる人がいなくなるのは怖いですもんね。僕、プライベートは全然孤独なんです。でも、映画を撮ってたら人と関わっていられる。それで焦って撮り続けているんですよ。映画を1本撮ったら、2年くらいみんなと一緒にいられるじゃないですか。

蒼井:だから、松居組の再集結の仕方ってハンパないんですよ。"誰かが焼き肉券もらったから今度みんなで食べに行こう"とか(笑)。


(C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

―松居監督にとって映画は友達づくりのツールなんですね。

松居:そうなんです。

蒼井:映画をダシに友達作ってるんだ(笑)。

松居:だから、みんなの意見を訊いたりするのが好きなんです。王様になりたいんじゃなくて、友達になりたい。

RECOMMENDED

TREND