蒼井 優&松居大悟監督インタヴュー:「足下に結婚と出産は落ちていなかった(笑)」

By Yasuo Murao 2017/01月号 P11〜11 |
(C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

―確かにそこは気になるところですよね。初めて女性の物語を撮ってみていかがでした?

松居:自分のなかに"こうだ"っていう答えがないから、まわりの女性スタッフに意見を訊いて、結構それで振り回されることも多かったですね(笑)。でも、そのおかげで自分が見たことがない世界に連れて行ってもらえて、それは面白い体験でもありました。これまでの作品に比べると、ちょっと作品に距離を置いてたかもしれません。でも、物語に息を吹き込んでくれるのはスタッフや役者の女性達だし、彼女達のことを信じていましたから。

蒼井:松居組って、すごく結束力があるんです。"松居を支えるぞ!"っていうエネルギーもすごいし、"支えられるぞ!"っていうエネルギーもすごい(笑)。


(C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

―(笑)ほかの現場とは違う雰囲気がある?

蒼井:ほかではあまりない感じですね。松居組を経験しちゃうと、他の組へ行った時にちょっと不安になるというか。"みんな、もっとちゃんと組もうよ!"って思ったりするんですけど、"いや、違う違う、あの組が特別だったんだ"って思い直して。松居組は大人らしさが一切ないというか。

松居:みんな面白がってやってるしね。そもそも、僕にはみんなを引っ張るほどの自信はないし。自分が考えることより、それぞれのセクションが考えていることのほうが深いじゃないですか。だからまわりの意見は積極的に訊くようにしているんです。とくに今回の作品はそうでしたね。みんなが意見を持ちながら作品を作っていくほうが良いんじゃないかって。

―じゃあ、春子の人物像について、蒼井さんといろいろ意見を交換したりも?

松居:それはしてないですね。シーンごとに細かいことを言ったりしたかもしれないですけど。自分より、蒼井さんのほうがアラサー女性について詳しいのは間違ないし、"安曇春子ってこういう人"っていうことに関して、僕の情報量の少なさは半端ないなと思ってますから(笑)。

蒼井:私からすれば、春子のなかでもやもや渦巻いているものって痛いほどわかるし、自分で経験してきたことなんで、演じていくうえでそんなに不安はなかったですね。

RECOMMENDED

TREND