リアム&ノエル・ギャラガーの母が明かす、兄弟の知られざる素顔

By RollingStone Japan 編集部
兄ノエルとはしゃぐ弟リアム・ギャラガー。(C) Tim Abbot
オアシスのリアム&ノエル・ギャラガーの母親ペギーが、対照的な兄弟の素顔、子供の頃の知られざるエピソードを明かす。

オアシスのリアム&ノエル・ギャラガーが製作総指揮を務め、バンド結成から96年のネブワース・ライヴまでの軌跡を描いたバンド初の長編ドキュメンタリー『オアシス:スーパーソニック』。製作にはアカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞に輝いた『AMY エイミー』のスタッフが集結し、ファン必見の音楽ドキュメンタリーに仕上がっている。

この映画の核であるインタビューの中から、リアム&ノエル・ギャラガーの母ペギーのインタヴューが公開された。暴力的な夫から逃れるためマンチェスターにやって来たペギーは、女手ひとつで3人の息子たちを育て上げた。ペギーは兄ノエルの青年時代を、「いつも部屋にこもって何か書いたりギターを弾いてた。私はよく怒鳴ったわ。"まったくギターばっかり!"」と語る。一方、弟のリアムについては「悪たれもいいとこ」。ただし、バンドを始めてからは「いつか有名になって、母ちゃんに自慢させてやるよ」と優しい一面も見せていたという。

内向的な兄と社交的な弟という対照的な兄弟の秘密を、ペギーはこう明かす。「リアムとノエルは互いにやきもちを焼いてたと思う。私が上の2人を溺愛してたし、ノエルは本当に愛らしかった。でもリアムが生まれて注目をさらったからノエルは不満。ふたりはいつもいがみ合ってた。でもバンドで一緒よ。わたしはリアム1人なら反対してた」。

ペギーは息子たちを守るため、夫から逃げるように家を出た。父親がノエルとリアムの両極端なパーソナリティにどんな影響を及ぼしているのかも、ペギーは映画の中で語っている。ノエルは、「母さんは大変だったと思う。自分のことも顧みないで。しかもその1人はリアムだぜ」と話し、リアムは母について「お袋は今も昔も天使だ」と語っている。


『オアシス:スーパーソニック』
監督:マット・ホワイトクロス
出演:ノエル・ギャラガー、リアム・ギャラガーほか
2016年/イギリス/122分/配給:KADOKAWA
12月24日(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開。
http://oasis-supersonic.jp
Text by Sahoko Yamazaki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED