行定勲監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3本

By RollingStone Japan 編集部
行定勲監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3本。(C) 日活株式会社
新生ロマンポルノ『ジムノペディに乱れる』の行定勲監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3選。

1971年に製作を開始し、1988年までの17年間の間に約1,100本もの作品が制作された成人映画のレーベル「日活ロマンポルノ」。その伝説的レーベルを現代にリブートした新作プロジェクトの中の1本、『ジムノペディに乱れる』の行定勲監督が選んだ日活ロマンポルノ3本とは?

『悶絶!!どんでん返し』
"東大出のエリートがおかま"というユニークな発想をもとに、ヤクザとエリートの結びつき、ホステスの三角関係、子分とスケバンの人間模様などを、鬼才・神代辰巳監督独特のコミカルなタッチでユーモラスに描いた秀作。

監督:神代辰巳
脚本:熊谷禄朗
出演:谷ナオミ、鶴岡修、遠藤征慈、結城マミ、あきじゅん


(C)1977 日活株式会社

行定監督:この作品から影響を受けたわけではないけど、何度見ても面白い。神代辰巳って監督の幅の広さを思い知らせてくれる映画。

『ラブホテル』
神代辰巳、曾根中生の助監督を経て、相米慎二が初めて撮ったロマンポルノ作品。その後の相米作品に繋がっていく新鮮な映像感覚が特徴。脚本は、「天使のはらわた」シリーズの「赤い教室」「赤い淫画」の原作者であり脚本家でもある石井隆。

監督:相米慎二
脚本:石井隆
出演:速水典子、寺田農、益富信孝、伊武雅刃、佐藤浩市 


(C)1985 日活株式会社

行定監督:僕が敬愛するカメラマン、篠田昇のデビュー作。手持ちカメラや長回しなど、本当に見事な撮影です。映画としてこんなに瑞々しいものはない。そして、速水典子がとにかくかわいい。女のかわいさがある。『ジムノペディに乱れる』で板尾創路さん演じる主人公も、相米さんがちょっとモデルになっている。相米さんは相当モテたらしい(笑)。それがカッコよかったし、憧れていました。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND