鬼才マッテオ・ガローネが描く"女の性"『五日物語 3つの王国と3人の女』

By RollingStone Japan 編集部
鬼才マッテオ・ガローネが描く"女の性"『五日物語 3つの王国と3人の女』。(C) 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS
カンヌを二度制した鬼才マッテオ・ガローネが、ヨーロッパ最古のおとぎ話を映画化した『五日物語 3つの王国と3人の女』。

『ゴモラ』『リアリティー』で、カンヌ国際映画祭グランプリを二度受賞したイタリアの鬼才マッテオ・ガローネ。最新作『五日物語 3つの王国と3人の女』では、17世紀イタリアで誕生したおとぎ話『ペンタメローネ/五日物語』から3つの異なる物語を抽出し、"女の性"をテーマにした深淵なダーク・ファタジーを紡ぎ出した。


(C) 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

—まずは、企画の成り立ちから教えてください。これまでも非常にオリジナリティの高い作品を撮られてきましたが、今回のジャンバティスタ・バジーレによる原作も監督ご自身で選ばれたのですか?

そうだよ。僕はプロデューサーも兼務しているからね。ヨーロッパ最古のおとぎ話『ペンタメローネ/五日物語』は、イタリア文学における大傑作なんだけど、イタリアでも世界でもあまり知られていない作品なんだ。キャラクターもすごく豊かなんだけど、それと同じくらい視覚的なビジュアルにも富んでいる。もともと僕は画家だったから、この物語が秘めるヴィジュアルを映像化したいという思いも強かったんだよ。

映画作家として常に変化し続けたい気持ちも強くて、常に違うジャンルに挑戦したい気持ちもあった。だから、シリアスな『ゴモラ』の後にコメディの『リアリティー』を作ったし、その後は17世紀という過去の世界と現在の繋がりを模索したいと思って、この作品に着手したんだ。

この物語には、おとぎ話という側面があるんだけど、それは僕の作品のすべてに共通してあるものなんだ。今まで手がけた作品は、現実からスタートして抽象的な次元に繋げていくという手法で作っていたんだけど、今回は魔法の世界からスタートしてリアリティーに繋げていくという、逆のアプローチで撮ったんだ。

—原作にある数ある物語の中から、女性の執念、女の性みたいなものにテーマを絞りこんでいますよね。

原作には本当に数多くの物語があって、どれも興味深くてその中から3つに絞るのはとても大変な作業だった。最終的に、すべて女性の視点から描かれているもの、さらにそれぞれ三つの違う年齢層のキャラクターで描かれているものを選んだんだ。どのエピソードも主人公が欲望に駆られ、悲劇的な終わりを迎える物語になっている。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND