映画『疾風ロンド』:吉田照幸監督が語る制作裏話「真面目な人がバカをやってるほうが面白い」

By Momoe Okumura
(C) 2016「疾風ロンド」製作委員会
日本を代表するミステリー作家・東野圭吾が原作の『疾風ロンド』。100万部超の大ヒット作を映画化するにあたり、白羽の矢が立ったのが『サラリーマンNEO』や『あまちゃん』の演出を手掛けた吉田照幸監督だ。ユーモアには定評がある吉田監督が、本作の制作裏話を語ってくれた。

―今回『疾風ロンド』を撮るにあたり、念頭に置かれていた作品があったそうですね。

僕はもともと、ダニー・ボイル監督の『トレインスポッティング』やエドガー・ライト監督の『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のようなイギリス映画が大好きで。どちらも、犯罪を扱っていながら皮肉めいた笑いが随所に散りばめられているんですけど、『疾風ロンド』もサスペンスとコメディを融合させた映画にしたいと思っていたので、こういった作品がとても参考になりました。


(C) 2016「疾風ロンド」製作委員会

―具体的には、どんなところで?

いくつかありますけど、ひとつ挙げるなら栗林(阿部 寛)と東郷所長(柄本 明)の電話シーンですね。イギリス映画はよく説明部分をバッサリ省いたりするんですが、『疾風ロンド』でも、本来なら細かい会話のやりとりで展開していく場面でいきなり本題の会話からスタートさせています。あと、悪役もどこか間抜けで笑えるキャラだったりする場合が多いので、柄本さんに"東郷所長はとにかく自己保身だけを考えたキャラクターにしてください"とお願いしました。そうすることで人間の愚かさやおかしみが表現できるし、少し間抜けで憎めないキャラクターに見えるかなと思って。

RECOMMENDED

TREND