久保田利伸がオススメするプリンスの楽曲ベスト5

By RollingStone Japan 編集部
(Photo by Neil Lupin/Redferns)
日本のファンク、ソウルのブラック・ミュージック・シーンを開拓してきた久保田利伸。「久保田利伸が語る、プリンスが唯一無二の天才と言われる理由」では類まれなる天才音楽家としての才能を解説してくれた久保田が、自身のプリンスベスト曲5選を発表!!

『ドゥ・ミー・ベイビー』
アルバム『CONTROVERSY(邦題:戦慄の貴公子)』(1981年)収録



僕が一番好きな曲です。どバラード、どスローな曲なんだけど、このエロさがとってもR&Bなんだよね。しかも歌詞もここまで言っていいのかっていう内容で。僕が来日公演へ行った時に『Do Me Baby』をやっていたんだけど、ピアノの上で一人セックスしてました。しかも15分くらい(笑)。そういうパフォーマンスが似合う曲です。



Interview by Joe Yokomizo , Text by Nanako Kubo

TOPICS

RECOMMENDED

TREND