Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

VRでもリアルなセックス体験、新製品「テレディルドニクス」が変える性産業

Jessica Wakeman | 2016/11/21 20:30

| CamSoda社は、新技術を搭載したセックストイ「テレディルドニクス(teledildonics)」を商品化した。 |


一般的なアダルトコンテンツの描写が現実からかけ離れていると馬鹿にされることがあるが、仮説的に言えば、離れた場所にいる2人をつなぐこのサービスで、アダルトサイトの女優やモデルから、リアルな彼女を喜ばせる術を学ぶことができるかもしれない。例えば、先述のハートは、バーチャルセックスでガールフレンド代理を務めることもあるそうだ。「これは教材として使えるの。男の子たちに、どうやって女の子をその気にさせるか教えてる。せっかちに力任せに突っ込んで、すぐにイっちゃうんじゃなくて、女の子をじらして、オーガズムに導くの」と、ハートは語る。これはベッドルーム版の老子、「男に魚を与えるのではなく、釣りを教えよ」だ。

とはいえ、sleeveは膣ではない。無骨なプラスチックの箱だ。ランディーンは、本当に斬新なものなので、バッテリーの寿命は見当もつかないと話している。Lovenseのマックスはツルっとして滑らかな外見だが、やはり大きくて白い魔法瓶に見える。アダルトライブチャットやポルノ業界で、テレディルドニクスは『愉快なイロモノ』として見られており、コールガールに取って代わるものにはなり得ないと、風俗嬢や、活動家のキティ・ストライカーが話すのは、こうした理由からだ。「男性が風俗を利用するのは、性器そのものを求めているからではないの。この仕事には肌の触れ合いや心地良さ、そして心を通わせることも含まれる。これはインターネットで再現できないの」と、ストライカーは語った。

PearlとSleeveを併用しなくても、性を売るモデルたちは他の方法で、テレディルドニクスを使うことができる。CamSodaの利用者は、Blowcastを経由してsleeveに、文字通りフェラチオをダウンロードできるのだ。新規に生成された「フェラチオのライブラリ」で、カムモデルや素人の女の子のフェラチオの動きを再現できる。これは1ドルのサービスで、もちろん誰が一番良かったか投票することもできる。「もし自分のフェラチオの技術のどんなところが、他の人よりも優れているか知りたいのなら、これで試してほしい」と、ランディーンは語る。

どれだけ成功するかはまだわからないが、今のところ、アダルトライブチャット市場へのデジタル性グッズ商品の参入は期待大だ。「昔見たSF映画を思い出して『え!これって現実になったんだ』て言うのと同じ。こういう技術の進歩に期待してる。風俗業やアダルト産業、人を興奮させるこの業界が、コミュニケーションや性教育で道を開いて、風俗がもっと理解されて、恥かしく思うことが少なくなればいい」と、CamSodaモデルのハートは語った。

Translation by Chuanqian Jingzi 

RECOMMENDED

おすすめの記事