なぜ"反トランプデモ"はここまで広がったのか?

By Sarah Jaffe
米国において激化し続ける"反トランプデモ"
もはや怒りの発散だけではない-街頭デモは民主主義に参加するために必要な手段だ。トランプ新大統領抗議デモ大規模化を分析する。

大統領選投票日の夜、全米の市や町は抗議デモに包囲された。ニューヨークやロサンゼルス、そしてサウスカロライナ州コロンビアやユタ州のソルトレイクシティなど各地で、イスラム教徒に対する登録の義務付けや、約2千万人が保険加入の恩恵を受けたオバマケアの廃止、等々を宣言し、少なくとも13人の女性から性的暴行容疑で訴えられている人物が大統領に選出されたことに対し、数十万人規模の大規模なデモが行われた。掲げられた手書きのプラカードには『私の大統領ではない』『偏見を許さない』『トランプのせいで人生の危機』『抗議は愛国の気持ち』などと書かれている。

メリーランド州モンゴメリー郡、ミネソタ州ミネアポリス、アリゾナ州フェニックス、ネブラスカ州オマハなどでは、高校生が教室から飛び出し、デモに参加している。

米現地時間11月13日(日)、ニューヨークでは、トランプが宣言している不法移民の国外送還に抗議する『Here to Stay(生活の場を奪うな)』集会が開かれたが、その中にテレサ・ディアスがいた。「アメリカ市民権を持つ2人の美しい娘の母親として、水曜の朝に最低の悪夢から目覚めたわ。でも私が恐れていないことを示すために、今日はデモ行進に参加したの」と、移民の生活安定を求めるコミュニティ組織『メイク・ザ・ロード・ニュージャージー』の一員であるディアスは、ローリングストーン誌に語った。

2008年にバラク・オバマが大統領に選ばれた後のティーパーティ(茶会)運動の拡大をかなり上回るペースで抗議集会が組織され、行動が激化している。しかし、デモ参加者が「負け惜しみ」を言っているように見える、と考える市民もいる。
Translation byKyoko Kawamae

RECOMMENDED

TREND