トランプ、ジェイ・Zの「下品な」発言についてヒラリー・クリントンを批判

By DANIEL KREPS
ドナルド・トランプは、クリーブランドで行われたクリントン支援イベントでのジェイ・Zの発言に対し、ジェイ・Zとヒラリー・クリントンの両者を批判した。(Photo by Chip Somodevilla/Getty Images)
大統領選の共和党候補ドナルド・トランプは、クリーブランドで開催されたクリントン支援コンサートでのラッパーのジェイ・Zによる発言を引き合いに「彼が私に対して使ったひどい言葉をもし私が使ったらどうなるでしょう? 公の場であんな言葉はつかうべきでないでしょう」と批判した。

大統領選を目前に控えた2016年11月4日夜(現地時間)、クリーブランドで開催されたクリントン支援コンサートのステージで、ラッパーのジェイ・Zが汚い言葉を使ってドナルド・トランプを批判した。これに対し翌朝フロリダ州で開催した集会の場でトランプは、ジェイ・Zとクリントンの両者を激しく非難した。

「個人的にジェイ・Zは好きだが、昨晩の発言はどうでしょう」とトランプは、フロリダ州タンパでの支援集会に参加した支援者たちに問いかけた(CBSニュースによる)。「彼が私に対して使ったひどい言葉をもし私が使ったらどうなるでしょう? 公の場であんな言葉はつかうべきでないでしょう。彼の発言はすべて記録されています。彼の使った言葉の頭文字すら、ここで述べることもはばかられます。なぜなら、もし私がそのような言葉を使えば、大問題になるのはわかっているからです。昨晩の彼の発言は全部記録に残されています」と非難した。

トランプはまた、その夜に開催されるペンシルバニア州ハーシーで開催予定の彼の集会は、前日にジェイ・Zが開催した無料コンサートよりも多くの人を集めるだろう、と宣言した。ジェイ・Zのクリントン支援集会には、サプライズでビヨンセも登場し、クリントンを応援する熱のこもったスピーチを行った。

トランプ自身も選挙活動中の数々の下品な発言が問題となっており、一方のジェイ・Zは普段から歌詞に使う言葉には気を遣っているが、トランプと彼の選挙参謀のケリーアン・コンウェイは、ジェイ・Zの前日のステージ上での発言を酷評した。

「昨晩彼の使った言葉はあまりにも酷い。それを受けたヒラリー・クリントンも"私はドナルド・トランプのわいせつな発言は嫌いです"と言っていた。"わいせつな発言?"私はジェイ・Zの使ったようなひどい言葉は、生まれてから一度も使ったことはありません」とトランプは述べ、さらに「これは、口先だけの政治家やその組織(民主党)の人々の体質を表しています」と続けた。

ジェイ・Zの支援コンサートが行われた週の初め、あるクリントン陣営の関係者はCNNに対し、クリーブランドでのコンサートに関して「クリントン側はジェイ・Zの発言には関与せず、すべてジェイ・Zに任せる」と発言している。

クリーブランドでの支援コンサート中、ジェイ・Zはトランプの名前を出して批判した訳ではない。

「ある男がいる。俺は彼に恨みがある訳じゃないが、奴の言葉で国は分裂する。彼は指導者としてふさわしくない。彼は俺の大統領になれないし、この国の大統領にもなれない。彼がこの国を分裂させ、弱体化させようとしても、我々が団結すればもっと強くなれる」と、ジェイ・Zはステージ上から観客に語りかけた。
Translation by Smokva Tokyo

TOPICS

RECOMMENDED