映画『溺れるナイフ』:小松菜奈×菅田将暉、過酷な現場で殴り合った青春の17日間

By RollingStone Japan 編集部
(C) ジョージ朝倉/講談社 (C) 2016「溺れるナイフ」製作委員会
ジョージ朝倉の青春コミックの映画化『溺れるナイフ』で主演を務める小松菜奈と菅田将暉が、身を削る思いで役に挑んだ過酷な撮影の日々に迫る。

ナイフのように研ぎ澄まされた若者たちの機微を描き、幅広い世代に支持されるジョージ朝倉の青春コミック『溺れるナイフ』が、小松菜奈と菅田将暉の共演で実写映画化された。原作のイメージに限りなく近い"神キャスティング"との呼び声も高く、さらに映画界が注目する新鋭・山戸結希が監督を務めるということで、各所から大きな注目を集めている。

田舎に越してきたティーンモデルの夏芽(小松)、気まぐれで傍若無人なコウ(菅田)。傷つけ合いながらも強烈に惹かれ合う二人。2016年も公開待機作が目白押しで、自身も青春真っ只中の小松と菅田が、濃いひと夏の青春を捧げた『溺れるナイフ』を語る。

—真利子哲也監督作『ディストラクション・ベイビーズ』に続く共演ですね。

菅田:『ディストラクション・ベイビーズ』で一度殴り合っているから、今回は殴りやすかったし、殴られ慣れてもいました(笑)。今回の『溺れるナイフ』は、"心で殴り合う"みたいな感じ。『ディストラクション〜』の方が、楽な関係性だったんです。

小松:『ディストラクション・ベイビーズ』が先で、順番的によかったと思います。『ディストラクション〜』の時は現場でほとんど話さなかったんですけど、今回の『溺れるナイフ』では菅田さんに頼らせてもらった部分がすごく大きくて。今回の現場は、スタッフさんや共演者の方々に支えてもらわないと生きていけない状態でした。撮影時19歳だったのですが、そのタイミングでこの映画が撮れてよかったと本当に思います。


(C) ジョージ朝倉/講談社 (C) 2016「溺れるナイフ」製作委員会

—菅田さんはどんな風に支えてくれたんですか?

小松:見た目から目線まで、漫画から出てくるコウちゃんそのままだったので。

菅田:僕、あんなんか!?(笑)

小松:追いかけたくなる雰囲気というか(笑)。主役でもそれ以外の役でも、映画でもテレビでも目を引く存在で、いろいろな役を見たくなるような人。現場でもコウちゃんとしてそこに存在してくれて、コウちゃんとして助けてくれたし、私はそんなコウちゃんを必死に追いかける日々だった。追いついたり、離れたり、振り回されたり、ケンカしたり。言葉にできないくらい大変な現場だったので、日に日に顔が死んでいきましたけど(笑)。

菅田:その顔を見た時に予感しましたね。それほどまでに身を削る現場なんだなって(笑)。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND