『ヤクザと憲法』『ふたりの死刑囚』ー東海テレビの"境界線を越える"ドキュメンタリー作りの核心(後編)

By RollingStone Japan 編集部
ヤクザの日常に密着し、人権問題を描いた『ヤクザと憲法』、世間から鬼畜弁護士と言われた光市母子殺害事件の弁護士、安田好弘を捉えた『死刑弁護人』、戸塚ヨットスクールを描いた『平成ジレンマ』など、東海テレビは数々のドキュメンタリー番組を放映し、そのいくつかは映画化され全国に届けられてきた。
東海テレビが扱うテーマは、民放キー局では目にすることができないものは多い。なぜ彼らは問題作を次々に作ることができるのか。前半ではプロデューサーの阿武野勝彦に、彼がドキュメンタリーに関わるようになった経緯から
語ってもらった。
後編の今回は、メディアのNGと自主規制、
"境界線を越える"と評されるそのドキュメンタリー作りの核心にまで話が及んだ。

前編はこちら

―光市母子殺害事件の後に制作された『光と影 ~光市母子殺害事件 弁護団の300日~』の時が特にそうだったと思うのですが、多くのメディアが過剰に同調しているなかでそこに飲まれないでこうした作品を作るのは本当に大変なことだと思います。

さっき毎日新聞の方と話していて気がついたんですが、私たちの番組は本当に非効率の塊なんですよ。ロケに1回10万円がかかったとすると10回行ったら100万円でしょ、予算270万円だったらあと何回行ったら大きなカメラでの取材は終わりっていう計算になりますよね。そんなに何度も取材ができない。となると、通常はイベントを撮りに行くんです。何か起こる日、何かが予定されている日を撮りに行くんですけど、僕らはなるべくイベントを撮りにいかないで日常を撮りに行ってる。そこで起こることを観察しているというか、見ているようなかたちなので、取材に行く日数と期間が非常に長いんです。ものによっては、40分テープで4〜500本もあって、本当に非効率の極みですよね。

―ええ。

その非効率を推し進めていると、腰が据わってくるんですよ。現場で思索する時間が長いので、この題材にどっぷり関わっていく。そのなかで、"自信を持って伝えられる"っていうことを編み出していくんですよね。それがおそらく取材の醍醐味だし、ドキュメンタリーの醍醐味でもあると思うんです。

要するに、非効率のお蔭で、最終的には腰が据わる。そうなると、どういう反応が起こるかっていうことについても考える。で、波風をたてるのがそもそも私たちの仕事なんじゃないの? っていうことも考える。誰も何も思わないものを作り続けても意味がないじゃないですか。それはおそらく、"ドキュメンタリーのようなもの"であって、ドキュメンタリーではない。"ドキュメンタリーのようなもの"がたくさん出ているから、観る人が"ドキュメンタリーってつまらない、なんだかいつも見たことのあるようなものだ"って見なくなり、引いてはドキュメンタリーという畑をやせ細そらせていく。今、そのなかに私たちはいるので、多くの人に観てもらうためには、まず一本一本を思いを込めて丁寧に作る。しかも、人がどう考えるかを先に想定して、問題が起きないように作るなんていうことをしないほうが良い。私は表現なんだから、勝負しなさいっていうふうに思ってるんですけどね。ただ、あんまり問題がうわーってなると大変なので頃合のいいところで、とは願うんですけど。それはコントロールできないですからね。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND