映画『雨にゆれる女』:青木崇高、初主演という"山"を越えてたどり着いた場所

By RollingStone Japan 編集部
俳優・青木崇高が満を持して挑んだ初の単独主演映画『雨にゆれる女』。(C)「雨にゆれる女」members
NHK朝ドラ『ちりとてちん』や、アクション大作『るろうに剣心』で人気を博した俳優・青木崇高が、満を持して挑んだ初の単独主演映画『雨にゆれる女』。

バックパッカーとして全大陸を制覇したという自由人・青木崇高が、ヨーロッパ放浪中に半野喜弘監督と出会ったことで、本作『雨にゆれる女』は生まれた。

映画は、ある事件をきっかけに別人になりすまして生きる孤独な青年(青木崇高)と、彼と心を通じ合わせる秘密を抱えた謎の女(大野いと)の悲しい運命を描いたサスペンスドラマ。ホウ・シャオシェン、ジャ・ジャンクーらアジア映画界の巨匠たちの映画音楽を手がけてきた日本人音楽家・半野喜弘が初監督を務めた。

タレント・優香との結婚でも話題を集めた青木が、これまでのイメージを覆すような繊細な演技で新境地を切り拓いた本作について語った。

ー青木さんはNHK大河ドラマ「平清盛」の弁慶役、『るろうに剣心』の相楽左之助役など、豪傑というイメージが強いですよね。本作では、影のある繊細な男を演じられていて新鮮でした。

"静"と"動"でいうと、"動"のイメージが強いですよね。でも僕自身、じっくりと内面を撮ってもらうような静かなドラマ作品が結構好きなんです。"じっと黙っているけど、こいつきっとこういう気持ちなんだろうな"みたいな、見ている人が想像できる余白がある作品や演技が好きです。

ーお会いしてみて、そういった役柄の方が本来の雰囲気に近い感じがしました。

確かにそうかもしれないです。派手な時もありますが、外に一歩も出たくない、一人でじっとしていたいという時もあるし。半野監督も、どちらかというと僕の"静"の部分を描きたいと思ってくれていたので、作品を見てそう感じていただけたのならうれしいです。


(C)「雨にゆれる女」members

ー監督とは14年前、バックパッカーとしてヨーロッパを旅していた時に出会っているんですよね。

今さかのぼるとすごい偶然ですね。僕は旅をしている時、ノリのいい人がいたら一緒にご飯とか食べに行くんです。その時、僕は一人でパリの街をぶらぶらしていて、たまたま見かけた日本人グループに「こんにちは」って軽く話しかけて、一緒に飲んだんです。そこにいた一人が、半野監督だったんです。

ーその時、すでに俳優として活動をしていたんですか?

事務所には入っていたけど、ほとんど役者としては活動していなかったです。ちょうど映画のオーディション中だったんですけど、一次が終わった後に旅に出ちゃったんですよ(笑)。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED

TREND