The 1975のマットが語る、テイラー・スウィフト、ドラッグ、ロックについて

ANDY GREENE | 2016/10/24 17:00

| テイラー・スウィフトがライヴに来てくれた時のことなどを語る、The 1975のマット・ヒーリー。Photo by Spencer Henry |

The 1975のフロントマン、マット・ヒーリーが、80年代への愛、好きな人物、2016年という時代にロックスターであることの意味などを徒然に語ってくれた。

ある火曜日の午後にロンドンから電話をかけてきたThe 1975のマット・ヒーリーは、犬の散歩、歌のレッスン、弟とのくつろぎタイム、バンドのメンバーとワールドツアーのリハーサルといった具合に、彼ならではの休日を楽しんでいた。The 1975は、2013年に予期せぬヒットを記録した、ドラッグとセックスについての告白曲が詰まったセルフタイトル作をリリースした後から、ほぼノンストップでツアーを行ってきた。そして、『The 1975』に続くアルバムとして2016年にリリースされた『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』は、全米アルバムチャートで1位を制覇した。The 1975の結成は14年前に遡ることができるが、彼らの音楽が初めて世にリリースされたのは、それから10年の年月が経ち、幸いにも彼らがエモを卒業してからのことだった。「13歳から24歳まで、僕たちは毎日一緒に過ごしてた」。こうマットは言う。「本当の兄弟よりも多くの時間をね。バンドは、僕たちのグループの核になったんだ。人が僕たちに共感するのは、僕たちが真のバンドで真の友達だからなんだ」

─あなたの両親は、イングランドで有名なテレビタレントですよね。そのことは、マイナスに作用しましたか?多くの人が、音楽ビジネスにおいて、ものすごく有利に働いたと考えたでしょ?

そのことについては、かなり早い段階で乗り越えなきゃいけなかったんだよね。そうじゃなかったら、僕のエゴにすごくダメージを与えただろうから。人の信頼性をその人の両親がどんな人かってことだけで判断するなんて、できっこないんだ。もし、昼間のテレビ番組に両親が出演している人が、ナンバーワン・アルバムへの鍵を握ってるっていうなら、僕、そのことについて本を書いて大富豪になるよ。ありがたいことに、アメリカでは全く違う状況でね。そっちだと、僕は有名だけど母親はそうじゃないから、滞在するのが楽しいんだ。

─フィル・コリンズなど、評論家ウケが良くない80年代のアーティストを称賛していますね。

フィル・コリンズが大好きなんだ。僕たちは自分たちのアルバムについて語る時、いつも80年代の話をするんだ。ポップは自己認識と皮肉、それからダサいことへの恐れからそれほど邪魔されてなかったんだよね。僕たちは常にその時代から影響を受けようとしてるんだ。

─ここ3年、アメリカで過ごす時間が多いですよね。想像上のアメリカと比べて、どうでしたか?

全て想像通りだったけど、ベーコンの量は想像以上だった。シカゴのフード・フェスティバルで、クリスピー・クリーム・ドーナッツ2つで砂糖漬けベーコンを挟んだハンバーガーを食べたんだ。薬でハイになってる16歳だったら、美味しく感じるかもしれないけど、僕は一口で無理だったね。

─大麻はアメリカの方が良いですか?

カリフォルニアのクシュはやばい。アメリカの大麻の方が良いってことは、ずっと知ってたけど、どれだけ良いかってことは知らなくてね。ナグは漫画かってくらい、本当にデカい。

─ドラッグの中で、試した瞬間に恐ろしい間違いだって気付いたものはありますか?

ケタミンがそうだね。悪夢だったよ。ウォッカをボトル3本飲んだ気分だった。
Translation by Miori Aien

RECOMMENDED

おすすめの記事