小松政夫と石倉三郎―映画『オケ老人!』で共演した仲良し喜劇人の笑いと出会い

By Yasuo Murao
プライベートでも仲良しという小松政夫(左)と石倉三郎(右)。 Photo by Tsukasa Kubota
いつの間にか"お笑い芸人"なんて呼び方が幅を利かせるようになった今日この頃。"喜劇人(コメディアン)"と呼ぶにふさわしい風格を持ったベテラン、小松政夫と石倉三郎が映画『オケ老人!』で共演。ひょんなことからアマチュア・オーケストラの指揮をすることになった高校教師、小山千鶴(杏)の奮闘ぶりを描いた本作で、2人は最強のボケ、じゃなくて、オケ老人として笑いを振りまいている。その磨き抜かれた軽妙さは、まさにいぶし銀の面白さだ。プライベートでも仲が良いという2人に、出会いやそれぞれのルーツ、そして映画について話を聞いた。

―お2人はプライベートでも仲が良いそうですね。

石倉:そうなんですよ。仲が良いっていう次元じゃなくてですね、私がこの人の管理人みたいなもの(笑)。この人はほっとくと何するかわからないからね。

小松:"うるさい!"とかいろんなこと言われてます(笑)。


Photo by Tsukasa Kubota

―最初の出会いって憶えていらっしゃいます?

小松:(坂本)九ちゃんの時かな?

石倉:その前にあるじゃない。ほら。

小松:あ! まだプロになる前の?

石倉:あたしがね、東京に出て来て(高倉)健さんと会って東映に入れてもらって、それだけじゃ食えないからスーパーでバイトしてたんです。その店にこの人が買い物に来たんですよ。

小松:深夜までやってる店でしてね。僕らは仕事が遅くなった時は朝の2時とか3時とかに行って、ちょっと生意気なのを買ってたんです。贅沢なものを(笑)。

石倉:この人はスターだからね。

小松:いやまあね(笑)。それでレジに商品を持っていったら、この人がいて"はい、いらっしゃい!"ってタッタッタッタッとレジを打ってね。それで"これ、持っていってください。サービスです"って店のものを(笑)。

―店長でもないのに勝手にオマケしちゃった(笑)。

小松:そう。こっちは"え? え? 良いんですか?"って言ったら、非常に柔和な顔で"いいんです、いいんです"って。それが初めての出会い。

石倉:今から46年前ですよ。

RECOMMENDED

TREND