クイーン、速いバージョンの『ウィ・ウィル・ロック・ユー』を聴く

By DANIEL KREPS
クイーンは、1977年のBBCセッションで録音された"ファースト・バージョン"の『ウィ・ウィル・ロック・ユー』を、まもなく発売の『クイーン/オン・エア~BBCセッションズ』コレクションから先行公開した(Photo by Michael Putland/Getty Images)
あの名曲をアップテンポで演奏した唯一のスタジオ音源が話題の、BBCセッション集『クイーン/オン・エア~BBCセッションズ』が発売へ。

クイーンは、伝説のDJジョン・ピールの1977年のセッション中に録音された、"ファースト・バージョン"の『ウィ・ウィル・ロック・ユー』を公開した。これは、間もなく発売されるBBC録音を集めた『クイーン/オン・エア~BBCセッションズ』に収められている。2枚組のコンピレーション・アルバムで、クイーンがBBCセッションから選んだ24曲が収録されており、11月4日に世界同時発売される。

フレディ・マーキュリーとメンバー達は、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』を含むアルバム『世界に捧ぐ』の英国でのリリースと同じ日に、この曲のアップテンポのバージョンをBBCのために録音した。『ウィ・ウィル・ロック・ユー』の"速いバージョン"はクイーンのライヴの定番だが、彼らがこれをスタジオで演奏したのはこの時だけだという点が『クイーン/オン・エア~BBCセッションズ』の目玉になっている。

「『ウィ・ウィル・ロック・ユー』何か深遠なものなのか、それともただのよくあるティーンエイジャーの賛歌なのか!?」と、1977年、この曲をオンエアした後、ピールは言った。「彼らを生で見るのは初めてだ。これは認めさせて欲しい。狂人みたいに聴こえるバンドだよ、実際。でもそこが気に入った。ロックは少しばかり手に負えないほうがいい。」

クイーンはまた、デラックス・エディションの『クイーン/オン・エア~BBCセッションズ』の6枚組ディスク・セットに収録されている、BBCの2つのインタビューの一部も先行公開した。1978年のブライアン・メイとジョン・トブラーのおしゃべりと、1980年のドラマー、ロジャー・テイラーのトミー・ヴァンスとの会話だ。

このデラックス・エディションには、クイーンのインタビューやラジオ出演を収めたトータル220分の3枚組のディスクに、1973年のロンドン、1981年のブラジル、1986年のドイツから放送されたライブ・コンサートの模様が収録されたCDが付属している。

また、デラックス・エディションにはブックレットが付属しており、貴重な写真やクイーンのアーカイブを管理しているグレッグ・ブルックス編纂の解説と、クイーンとBBCプロデューサーのジェフ・グリフィンとバーニー・アンドリューズの思い出話、そして、伝説のRadio1のDJ、ジョン・ピールとボブ・ハリスの放送当時のコメントが掲載されている。

『クイーン/オン・エア~BBCセッションズ』貴重な音源の発売を記念し、日本では、11月4日(金)Gibson Brands Showroom TOKYOにて、オンキヨーの最新機器で聴く試聴会を開催する。イベントの詳しい情報は、こちら

Queen - We Will Rock You (Fast) [Official Lyric Video]
Translation by Kise imai

RECOMMENDED

TREND