200年の歴史が熟成したスコッチ、ザ・グレンリベット ファウンダーズ・リザーブが日本上陸

By RollingStone Japan 編集部
新商品のザ・グレンリベット ファウンダーズ・リザーブ
シングルモルト・スコッチウイスキーの原点「ザ・グレンリベット」の新商品、「ザ・グレンリベット ファウンダーズ・リザーブ」が11月8日より日本登場。

スコッチウイスキーの称号はスコットランドで蒸留され、最低3年間オーク樽で熟成されたウイスキーにのみ与えられる。シングルモルトという呼び方は一つの蒸留所で全工程が行われることを証明している。そんな世界5大ウイスキーのひとつで、ウイスキーの代名詞的存在のスコッチウイスキー。

今回「ザ・グレンリベット」より、新商品「ザ・グレンリベット ファウンダーズ・リザーブ」が11月8日に発売される。「ザ・グレンリベット」は、良質なシングルモルト・スコッチウイスキーの産地として名高いスペイサイド地方で、1824年に英国政府が公認した第一号の蒸留所。新商品は、創業者のジョージ・スミスが約200年前に思い描いていた理想的な製法・レシピを忠実に再現し、現代に蘇らせたシングルモルトスコッチウイスキーである。創業当時から変わらない、ユニークなランタン型の単式蒸留器によって生まれるニュースピリッツを伝統的なアメリカンオーク樽の新樽で熟成させる。柑橘系のフレーバーをクリーミーな甘さで引き立てる、スムースな味わいになっている。

これからシングルモルトを飲み始めようと思う方々へお勧めしたい味わいだ。


お問い合わせ
ザ・グレンリベット/ ペルノ・リカール・ジャパン株式会社
Tel:03-5802-2671
www.theglenlivet.jp

TOPICS

RECOMMENDED