小室哲哉連載|TK Future Lab Vol.1 :「リリック・スピーカー」を使ってみた

By Joe Yokomizo
Photographs by Kazuhiko Tawara
"TKと、テクノロジーとエンタテインメントの未来を夢想しようそんなコンセプトのもと立ち上げられた、ギズモード・ジャパンとローリングストーン日本版の共同連載。

第1回目となる今回は、音楽と同期して歌詞が浮き上がる「リリック・スピーカー」をピックアップ。まさにテクノロジーとエンタテインメントがドッキングされたような未来型スピーカー、実際に触って体感した感想は?

また、TKが考える音楽における歌詞の重要性や、現代の歌詞の在り方についても音楽プロデューサーという立場から語ってもらった。

自分の頭を使うギリギリのところで寸止めしてくれている感じ

—最初にご自身の手がけた楽曲を実際に聴いていただきましたけど、いかがでした?

『Get Wild』と『DEPARTURES』を流してもらいましたけど、自分の古い楽曲をおしゃれな方に引っ張ってもらったかなって感じはしますよね(笑)。字面が飛び込んでくる感じとか、『Get Wild』のCMをもし今作ったらこうなるのかな、みたいな。さらに、モノクロで文字が浮かぶというのも、イマジネーションを掻き立てられます。色にしても音にしても、自分の頭を使うギリギリのところで寸止めしてくれているというか。WEBサイトで歌詞を見ながら音楽を聴くのではなく、スピーカーに内蔵されたディスプレイで見るということも大きいと思います。例えば同じ歌詞でもコンピューターのディスプレイで見るのとライヴ会場の大きなLEDで見るのとでは、説得力が全然変わりますよね。それと同じような感覚で、ライヴ感があるんです。ファンクションから音が鳴っててLEDがあって、そこにポコンと出た歌詞をスクリームする、みたいな。ライヴ感というかフェス感かな。

―確かに、フェスの会場でステージを眺める感覚と似ていますね。

音の出ている方をじっと見るというのはライヴっぽいね。ただ音を聴くだけでもなんとなくスピーカーの方を見ちゃたり、人って本能的に音の出ている方に目がいくんだろうけど、それを上手く利用している感じがする。すでにあるものの組み合わせでも、ちょっと角度を少しアジャストするだけで、こんなに面白いものを作れるんだなって思いました。さらに、これをゼロ地点として、ここからの上乗せでいろんなことが出来ると思うんです。例えば分離してサラウンドみたいなスピーカーにしてもいいと思うし、大事なところだけ歌詞を出してもいいし。ライヴ会場でアーティストが使うステージモニターにも活用できそうですよね。ここからの足し算は、本当に無限だと思います。

RECOMMENDED

TREND