オダギリジョー&山下敦弘監督が選ぶ『自分の人生に影響を与えた映画』3本

By Momoe Okumura
(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会
映画『オーバー・フェンス』でダッグを組んだ、オダギリジョーと山下敦弘監督が選ぶ『自分の人生に影響を与えた映画』とは?

オダギリジョーと山下敦弘監督がタッグを組んだ映画『オーバー・フェンス』。本作は、結婚生活の破綻により、故郷の函館に戻って職業訓練校に通う孤独な男・白岩(オダギリジョー)と、鳥の求愛ダンスを踊る風変わりなホステス・聡(蒼井 優)を中心とする物語ではあるが、単純なラブストーリーではなく、白岩と同じ学校に通う男たちの群像劇の要素のほか、空から白い羽が舞い降りるといったかなりファンタジー的な要素も含まれている。"映画で出鱈目をやってみたかった"という山下監督に対して、"今の山下さんだから撮れた作品"と語るオダギリ。ふたりはどんな映画に影響を受けてきたのだろうか?

オダギリジョーが選ぶ『自分の人生に影響を与えた映画』3本

『バンデットQ』(1981年)

(C) Handmade Film Partnership 1981


Blu-ray『バンデットQ 製作35周年・最高画質盤Blu-ray BOX』
発売中 7,800円(税抜)
キングレコード
(C) Handmade Film Partnership 1981


テリー・ギリアム監督の『Time Bandits』(邦題『バンデットQ』)は小学生の頃にテレビで観たんです。大好きだったんですが、巨大な顔が狭い廊下を追いかけてくるシーンが強烈に残って。熱が出ると、怖い夢を見たりしませんか? そういう時って、だいたいあの巨大な顔の夢を見て、汗をビッショリかいて起きてました(笑)。それほど強烈な印象が残っているのに監督の名前すら気にしない状態が長く続いていたんですが、確か『12モンキーズ』の頃、改めてギリアム監督の作品を見直していったら、"『Time Bandits』ってギリアムだったんじゃん!"と。トラウマを含めて、あの作品からはかなり影響を受けています。

RECOMMENDED

TREND