DIR EN GREY薫インタヴュー後編:最新シングル『詩踏み』から解く、独自的表現とその魅力

By Joe Yokomizo
Photographs by Kazuhiko Tawara
過去を振り返るところから始まったDIR EN GREY薫のロングインタヴュー、後編では近況として7月27日リリースのNEW SINGLE『詩踏み』の楽曲制作について話を聞いた。

楽曲から、ライヴ、ヴィジュアル、映像、すべてが渾然一体となったその独自の表現は、どのようにして生み出されていくのか。
また、多くのライヴをこなす中で見えてきた次なる課題や、去年スタートした薫のラジオ番組の話など、現在のDIR EN GREYの姿にフォーカスしていく。

前編はこちら

比類のない、DIR EN GREYの表現手法

―7月27日に最新シングル『詩踏み』がリリースされますが、制作はいつ頃から始まってたんですか? なんか会うといつも曲を作ってるイメージなんですよね(笑)。

作り始めたのは2月の武道館が終わってからですかね。

―今回のテーマは?

作り始める前に "勢いがある曲がやりたいよね" ってみんなで話していて。ただ、リフで固めて突進していく感じにはしたくなかったので、そこは意識して作りました。

―具体的にどうやって音を構築していくんですか? 完成形のイメージがあって、そこに辿り着くように作っていくのか、弾いているうちに降りてくるのか。

うーん、ボヤーっとしたイメージはあるんですけど、それも結局弾きながら見つけていくんですよね。 "コレかな?" っていうパーツを嵌めていく作業。まずテンポを打ち込んで、弾きながらこれは違うな、これも違うってひたすら探してく感じ。それで1つ見つけたら、そこから広げていきます。

TOPICS

RECOMMENDED