プロフェッツ・オブ・レイジ、共和党全国大会直前に新曲を公開

By DANIEL KREPS
スーパーグループが、初のスタジオ音源でパブリック・エナミーのアルバム『It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back』を再訪した。

ギタリストのトム・モレロが「革命的なミュージシャンから結成されたエリート特別部隊。選挙の年のでたらめな山に、デカくて大音量のマーシャル(アンプ)で、真向から立ち向かう決意をした特別部隊」と表現するプロフェッツ・オブ・レイジは、7月25日に米人気テレビ番組『Jimmy Kimmel Live(ジミー・キンメル・ライヴ)』で『Prophets of Rage』をテレビ初披露することになっている。同曲は、バンドのデビュー・アルバム(シングル盤)に収録されている。

プロフェッツ・オブ・レイジは、7月18日から21日の日程で共和党全国大会が開催されたクリーブランドで「騒動を起こす」ことを約束していた。バンドは18日に特設ステージで 、19日にライヴハウスのアゴラ・ボールルームでライヴを行った。また7月15日には、ロサンゼルスのスキッド・ロウでルーフトップ・コンサートを決行した。

プロフェッツ・オブ・レイジは、2016年夏に全米ツアー「メイク・アメリカ・レイジ・アゲイン」を行うことを発表している。

Translation by Miori Aien

TOPICS

RECOMMENDED

TREND