初心者必読! フジロックへの道:持ち物・装備編

By RollingStone Japan 編集部
Photograph by 宇宙大使☆スター

【当日の服装は?】
山の天気は変わりやすく、突然の雨にも対応出来るよう雨具は必須。また、夕方以降は急に冷えるため手早く羽織れるものも持っていた方が良い。

<帽子>
つばがしっかり付いたもの

<トップス>
Tシャツ、カットソー、薄手パーカー
(乾きやすさ重視)

<アウター>
マウンテンパーカー、レインジャケット、レインポンチョ
(ゴアテックスなどのアウトドア用でしっかりしたもの)

<ボトムス>
デニム、ワークパンツ、ショートパンツ、ハーフパンツ、ロングスカート
(足が出る場合は虫除けのためのタイツ必須)

<シューズ>
トレッキングブーツ、長靴
(雨で泥だらけになっても大丈夫なもの)

null
             長靴は日本野鳥の会、HUNTERが定番 (Photograph by Yu Sato)

【お金はいくら持って行く?】
やっぱり気になるおカネの問題。実際に現地でどのくらいのお金が必要なのか、先輩たちの1日あたりの支出額チェック。

「ご飯2500円前後/お酒6000円前後/温泉500円/タオル200円(初回1回だけ)」(niw.さん/デザイナー・女性)
「ホテルで朝ごはんをきちんと食べるようになってから会場で食べ物にあまりお金を使わなくなったので1日5000円~7000円くらい。ほとんど酒と水」(akkieさん/会社員・女性)
「飲食代で5千円弱」(comさん/主婦・女性)
「食費と雑費合わせて1万円くらい」(裕さん/会社代表・男性)
「6千円くらい。半分以上、お酒と水分」(トモコさん/デザイナー・女性)
「5000~1万内外ぐらい?」(■さん/自営業・男性)

null
Photograph by Tsuyoshi Ikegami

以上が先輩フジロッカーの持ち物・装備事情。上記を参考に備えれば、初めてでも現地で困ることはないはず。
来週の21日木曜日の前夜祭からいよいよ本番! 装備を万全に整えて、日曜日まで思いきり楽しもう。



FUJI ROCK FESTIVAL ’16
http://www.fujirockfestival.com/

RECOMMENDED

TREND