映画『ロック・ザ・カスバ!』:ビル・マーレイ出演の感動コメディ映画

Peter Travers | 2016/07/19 18:00

| 映画『ロック・ザ・カスバ!』に出演するリーム・リューバニとビル・マーレイ (photo by: Open Road Films) |

ビル・マーレイ万歳。落ち目の芸能マネージャーを演じるコメディ映画『ロック・ザ・カスバ!』で、マーレイは再び返り咲き、驚くべき感動を与えた。

もしもあなたが、キャリアの崖っぷちにいる芸能マネージャーのコメディドラマを所有しているとしたら ─ 彼は、自分はマドンナを発見した(本当は見つけていないにも関わらず)と言い、最後の所属歌手(ゾーイ・デシャネル)を、アフガニスタンで開催される米軍の慰問コンサートに参加させる ─ 彼を正確に、正しく演じられる俳優を探す必要がある。映画『ロック・ザ・カスバ!』で監督を務めるバリー・レヴィンソン(『レインマン』のアカデミー賞監督)と脚本家のミッチ・グレイザーは、失敗を笑い飛ばす落ち目の音楽マネージャー、リッチー・レンズの役にビル・マーレイを起用するという幸運に恵まれた。そしてマーレイは、実にそれをうまくやり遂げている。

『ロック・ザ・カスバ!』は、静かだが激しい感動を呼び、そこからまた面白さが巻き起こる。ブルース・ウィルスは銃を抱えた用心棒として登場し、ケイト・ハドソンはアフガニスタンの首都カーブルで働く売春婦で出演する。そして、厳格なムスリムの行動原理に縛られたパシュトゥーン族の少女を演じるのはリーム・リューバニだ。リッチーは彼女をアメリカン・アイドルのアフガニスタン版、『アフガン・スター』に出演させようとするが、彼らは殺害の脅迫を受ける。これらの一部は実際にあった出来事だ。だが、細かいところで行き詰らないで欲しい。どこへでも後を追いたくなるような最高の俳優マーレーと、共に困難を乗り越えよう。



『ロック・ザ・カスバ!』
★★1/2

監督/バリー・レヴィンソン
出演/ビル・マーレイ、ブルース・ウィリス
2016年7月16日~8月19日開催の『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映、他順次公開。
http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/
Translation by Yuka Ueki

RECOMMENDED

おすすめの記事