フジロック・スタッフが選ぶベスト・アクト5選:グリーン・ステージ編

By RollingStone Japan 編集部
2015年に出演したFoo Fighters (Photograph by Yasuyuki Kasagi)
【特別連載】
ローリングストーン日本版 × フジロックフェスティバル ’16

フジロック最大規模のステージ<グリーン・ステージ>は、世界トップクラスのさまざまなアーティストが立ってきた場所というだけあって、挙げればキリがないほどたくさんの伝説が生み出されてきた。そんな中で選ばれたベスト・アクトには初期フジロックにおける名演が多く、その歴史と思い入れの深さを感じさせてくれる。


1. Bjork(1998年出演)
null
                Photograph by Kenji Kubo

アイスランド出身の世界的歌姫ビョーク。幼少の頃から日本の芸術作品に触れ、そこから音楽へのインスピレーションも得ているという。その時々のテーマに沿って見せ方が変わる、趣向を凝らしたステージは圧巻の一言。
「97年のこともあり、無事に初日が終わったという意味もありますが、ベストアクトの一つです。実際このライブは今まで見たBJORKのライブの中でも個人的には1番です。ステージからレインボーブリッヂも見えて、演奏に夜景がマッチしていました」


2. THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(1998年出演)
null
               (2000年のFRF出演時の写真) Phtograph by Yuki Kuroyanagi

フジロック常連中の常連、現The Birthdayのチバユウスケが在籍したTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTは、当時から日本のロックファンの間で絶大な人気を誇っていた。そのため異常なほどライヴが盛り上がり、この時はモッシュの嵐で何度も中断しながらのステージだった。
「どの外国のアーティストよりもロックで、弾けていた印象が強いライブでした。警備の問題で何度も中断しましたが、ライブのパワー&かっこよさは圧倒的でした」

RECOMMENDED

TREND