モハメド・アリ、王者が遺した名言集

By Tessa Stuart
モハメド・アリの数々の強気な発言は我々の記憶に強烈に刻まれている。(Photo by James Drake/The LIFE Images Collection/Getty Images)
モハメド・アリが歩んだ王道を、数々の名言と共に振り返る。

1974年10月、ザイール共和国(現在のコンゴ民主共和国)の首都キンシャサで行われたタイトルマッチで、32歳のモハメド・アリが当時のヘビー級絶対王者ジョージ・フォアマンにKO勝ちし、世界タイトルを奪取した。このタイトルマッチは『キンシャサの奇跡(Rumble in the Jungle)』と呼ばれている。奇跡の勝利から1か月後にロンドンで行われた記者会見の場でもアリの興奮は冷めやらず、喋りすぎて声を枯らしてしまうのではないかと心配したツアープロモーターの制止を振り切り、アリは40分間以上ノンストップで吠え続けた。

「心配ない。俺は一晩中でも喋ってやる」と、止めに入ったプローモーターを押しのけた。そしてその言葉通り、アリは話し続けた。

アリの言葉は時に詩的でヨギ・ベラにも劣らない素晴らしい名言を残し、また時には汚い言葉で相手を挑発する扇動者でもあった。我々の記憶に残る永遠のヘビー級王者が2016年6月3日(金)、アリゾナ州フェニックスで74年の人生の幕を閉じた。

亡くなるまでの約30年間、アリはパーキンソン病と闘い続けた。彼は妻と9人の子供と、そして数々の名言をこの世に遺した。
Translation by Smokva Tokyo

TOPICS

RECOMMENDED

TREND