シアターブルック結成30周年記念、タイジが語る対バンイベントへの想い

By Joe Yokomizo
結成30周年記念ライヴ<why can’t we live togetherシアターブルック結成30周年記念イベントSEASON1>
ライバルとの饗宴ーータイジが語るシアターブルック結成30周年記念対バンイベントへの想いとは?

結成30周年イヤーを爆走中のシアターブルック。その記念ライヴ<why can’t we live togetherシアターブルック結成30周年記念イベントSEASON1>が、過日5月21日(シアターブルックvsキングギドラ)、22日(シアターブルックvs LIFE IS GROOVE)の2days下北沢GARDENで開催された。そのライヴの詳細と興奮をオフィシャルのライヴレポートと写真でお届けするが、実は、既に「why can’t we live togetherシアターブルック結成30周年記念イベントSEASON2」の内容と日程が発表となっている。SEASON2への意気込みを含め、シアターブルック・佐藤タイジを直撃した。

―まずは、シアターブルック結成30年周年おめでとうございます。30周年ってどんな心持ちなんですか?


始めた頃は30年続くって思ってなかったよね(笑)。まぁでも30年続くって凄いことだと思う。で、ここに来て思うのは、振り返るといろんなことを忘れていて(笑)。で、その忘れることって結構大事だなぁっていうこと。楽しかったこと、幸せだったことって覚えてるんですよ。でも、嫌なことって片っ端から忘れているんです。だから30年も続けてこれているんだなぁって。忘却って、人間にとって大事なことなんだなぁって思うよね。

―なるほど。そして先日、30周年記念ライヴのSEASON1が2daysで開催されましたね。僕も拝見させて頂き、ガチで興奮しました!!

いやもう凄かったよね。初日はキングギドラとの対バンだったんだけど、本当に久々に、たぶん25年振りぐらいに、完全なHIP HOPバンドと対バンして、もの凄く楽しかったですね。もう楽屋からプリンスの話で盛り上がったりして。ロックバンドとの対バンはもちろん楽しいんだけど、HIP HOPとの共通項もシアターの場合はしっかりあるなぁって再確認したしね。LIFE IS GROOVEとシアターブルックも共通項が多くて、LIFE IS GROOVEのステージで盛り上がっているヤツはシアターのステージでも盛り上がっていて、スゲー良いバイブスが出てて。ホンマに楽しい2日間で、良いイベントになってるなぁって。

―そして<why can’t we live togetherシアターブルック結成30周年記念イベントSEASON2>が既に発表になっていますね。7月16日のBUFFALO DAUGHTER、17日はDachamboとの2マンですが、それぞれどんな関係のバンドなのか教えて頂けますか?

Buffalo Daughterは、シュガー吉永と大野(由美子)さんの前身バンド、ハバナエキゾチカと対バンしたこともある古い仲で、そこからの付き合いです。で、シュガー吉永に関しては、同世代の女性ギタリストとしては明らかにナンバー1だし、吉永は完全にライバルっすね。「俺、吉永みたいに弾きたい!」って思ったことあるっすもん。俺、吉永のギターが大好きで、だから吉永のやっているハバナエキゾチカもBuffalo Daughterも大好きだし、ホンマにカッコイイと思っていて。まぁだからライバル対決みたいな感じですね。Dachamboに関しては新宿LOFTの後輩みたいなところもあるし。ジャムバンドとしてここ10年、Dachamboとはやたらとつるんでいて(笑)。まぁ出来の良い後輩で、30周年で対バン出来る楽しみにしています。

RECOMMENDED

TREND