マイ・モーニング・ジャケット、リマスター盤『It Still Moves』を聴く

Ryan Reed | 2016/05/28 17:00

| マイ・モーニング・ジャケット(MMJ)がリイシューを予定している『It Still Moves』にはプライベートな『Golden』のデモも。(Photo by Scott Dudelson/WireImage/Getty images) |

リミックスされリマスタリングされた、2003年のヒット・アルバムのデラックス・エディションには、デモや未発表トラックが含まれている。

MMJのリーダー、ジム・ジェームスは、再発売が予定されている2003年の『It Still Moves』のデラックス版で、バンドの過去を見つめ直した。リミックスされ、リマスタリングされたこのアルバムには、バンドのフロントマンであるジェームスのオリジナル・デモが10曲含まれており、その中には5月18日にNPRで公開された『Golden』の、擦り切れた未発表テイクもある。ジェームスは、ユルめのアコースティック・ギターで、わずかに異なる歌詞を歌い、彼自身でそのトレードマークである深いリヴァーブでバック・コーラスを被せている。

バンドはこのリイシュー盤のプロモーションに、幻覚的なティーザー・トレイラーも提供している。映像は、テンションの上がった『One Big Holiday』と『Golden』のサウンドに乗せて、LPのアートワークを発展させたもので、バンドのシンボルである霊的な動物、"クマ"のサイケデリックな映像がフィーチャーされている。

『It Still Moves』はMMJの3枚目のアルバムだった。彼らのサザン・サイケデリック・スタイルで固められ、称賛とその知名度を新しい次元に引き上げた。ジェームスは、グループの超多忙なツアーのスケジュールがレコーディング作業を急がせたことで、曲に『未完成』の印象が残ってしまったという。それがこのリイシューで救われることになった。ジェームスは発表した声明で、「誰にだって、過去にやったことで、その時は気付かなかったけれど、やり遂げようと急いでしまったことってあるよね」と述べた。
Translation by Kise Imai

RECOMMENDED

おすすめの記事