『スター・ウォーズ』新作ドキュメンタリーの予告編公開:マスクの下に隠された俳優たちの素顔に迫る

Rolling Stone | 2016/04/11 18:00

| 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のエキストラたちに焦点を当てたメイキング・ドキュメンタリー『エルストリー1976』の予告編 |

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のエキストラたちに焦点を当てたメイキング・ドキュメンタリー『エルストリー1976』の予告編が公開された。ファンの間で人気の高いあのキャラクターを演じた俳優も登場する。

ボバ・フェットを演じた俳優など、さまざまなエキストラへのインタビューで構成された、『スター・ウォーズ』の裏側に迫るメイキング・ドキュメンタリー『エルストリー 1976』の予告編は以下。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で、『スター・ウォーズ』新3部作は華々しいスタートを切った。J・J・エイブラムス監督によるこの映画の成功は、広くファンの間に共有されている"ジョージ・ルーカスの3部作"を懐かしむ気持ちに再び火をつけた。シリーズ第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に生命を吹き込んだ脇役俳優たちに迫る、近日公開予定のドキュメンタリー『エルストリー1976』(監督:ジョン・スピラ)の予告編を見る限り、その気持ちは、旧3部作を作り上げた人々の中にも流れているようだ。

ルーカスがエピソード4から6までを撮影した、イギリスにある映画スタジオの名前をタイトルにした『エルストリー1976』は、奇想天外なスペース・オペラにおける自分の小さな役が映画の未来を作ることになるとは思いもよらなかった、10人のエキストラに焦点を当てている。「仕事のひとつに過ぎなかったからね。奇妙ではあったけど」と、超大作を陰で支えた英雄のひとりは回想する。名もなきサンドトルーパーを演じた人物から、賞金稼ぎボバ・フェットのマスクの下の俳優ジェレミー・ブロックまで、『スター・ウォーズ』で被っていたマスクを脱いだ俳優たちが、スピラ監督の映画でついに口を開く。

『エルストリー1976』は、2016年5月6日より、アメリカでは劇場公開およびVOD(ビデオ・オン・デマンド)配信される。日本公開は未定。
Translation by Naoko Nozawa

RECOMMENDED

おすすめの記事