ザ・ローリング・ストーンズ初の展覧会が開催

By RollingStone Japan 編集部
4月5日からロンドンで「EXHIBITIONISM」がスタート
ザ・ローリング・ストーンズ初のエキシビション「EXHIBITIONISM」が4月5日から9月4日までロンドンの現代美術ミュージアムSaatchi Galleryにて開催される。

同展覧会はロンドンにて開催後、4年間に渡り世界各国を回る。1960年代にブルースバンドとしてロンドンでスタートし、世界的なカルチャー現象を引き起こしたザ・ローリング・ストーンズの軌跡を辿る内容となっており、楽曲、未公開の楽屋、楽器、衣装、ポスター、アルバムアートワーク等の500以上のレアなアイテムが展示され、50年に渡るバンドの歴史を体感できる。

さらに同展覧会のオフィシャル・アパレルスポンサーのトミー ヒルフィガーがカプセルコレクションを発売する。トミー ヒルフィガー デニムより、ザ・ローリング・ストーンズを象徴する「TONGUE」ロゴを用いたTシャツやジャケットをロンドンのリージェントストリートの路面店とヨーロッパの tommy.com にて限定販売するほか、展覧会が開催される各国の展示会場にてツアー中に購入が可能だ。





トミー ヒルフィガーはファッションとセレブリティを融合させた初のデザイナーである。90年代にはシェリル・クロウやブリトニー・スピアーズをはじめとする数々のアーティストのツアースポンサーを務め、デヴィッド・ボウイやビヨンセを広告モデルに起用するなど音楽とは根強い関係を持ってきた。1999年にはザ・ローリング・ストーンズ初のアリーナツアーのスポンサーも務めている。展覧会について同氏は「ローリング・ストーンズは私が最初に憧れたバンドで、楽曲からたくさんのインスピレーションを得てきました。ストーンズと長年にわたる交友関係を築いてきたことを大変誇りに思っております。『EXHIBITIONISM』は回顧展の域を超え、音楽業界に影響を与えるものです。常々、ファッションと音楽の融合を考えてきた私にとって、このスポンサーシップは素晴らしい機会となりました」と語っている。

また、ザ・ローリング・ストーンズも「このエキシビションのツアーは俺たちが辿ってきた素晴らしい旅路を思い起こさせる。そしてロンドンのオープニングを心待ちにしてきた。トミー ヒルフィガーの継続的なサポートをとても感謝している。」とのコメントを寄せている。
なお、日本での開催予定は未定。


EXHIBITIONISM


(問)トミー ヒルフィガー ジャパン
☎0120-266-416

TOPICS

RECOMMENDED

TREND