TOKYO BLACK HOLE

大森靖子 | 村尾泰郎 / エイベックス

Rolling Stone Japan 編集部 | 2016/03/10 00:00

| |

生傷だらけの愛が詰まった歌
昨年、母になった大森靖子が、出産と同時に進めていたメジャー第2弾アルバム。直枝政広(カーネーション)、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、ミト(クラムボン)など曲ごとにサウンドプロデューサーを迎え、アイドル歌謡、EDM、ラップ、ロックなどさまざまなサウンドを自在に飛び回り、花柄模様のナイフのようにキュートで切っ先鋭い言葉がキラリと閃く。生傷だらけの愛が詰まったその歌は、いびつさを抱えつつも眩いほどポップ。完全生産限定盤には出産までの1カ月を綴ったエッセイがついていて、こちらも強力な内容。

RECOMMENDED

おすすめの記事