谷中敦と尾崎世界観が語る、スカパラ史上一番高い音域でのコラボ曲制作秘話

By RollingStone Japan 編集部 2015/09月号 P58〜65 |
東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦(左)クリープハイプの尾崎世界観(右)(ローリングストーン日本版2015年9月号掲載 Photograph by Yoshikawa Horita)
ローリングストーン日本版2015年9月号アーカイヴ・インタヴュー
LIFE WITH MUSIC: 最先端のデジタル機器を通じて、今あるべき"音楽の聴き方を模索する。(後編)

〜前編はこちら

─今回のコンセプトは、作りながら詰めていったという感じなんですか?



谷中:いや、これは最初のリハーサルのときに決めていて、本当は一曲のはずだったんですが2曲できた段階でどっちもいいなってことで。


尾崎:迷ってたところに、"じゃあ、2曲やっちゃおうか"って言ってもらったので。すごい嬉しかったですね、それは。

─歌詞の原案は、各々どういったものだったんですか?

尾崎:『めくったオレンジ』は自分で、『爆音ラヴソング』が谷中さんですね。


谷中:曲名も各々が決めましたね。すごい面白かったです。煮詰まることもなかったんで。


尾崎:最後の一行決める時は、なんだか寂しいってなって。なかなか決められずに、それこそ別れられない男女みたいになってましたね(笑)。これで完成してしまったらもう終わるのかって。面白かったですよ。ほんとまた趣味でやりたいぐらい(笑)

谷中:そうそう、楽しいよね。あと勉強になりました。やり方が違うから」
Text by Shigeo Hasegawa

RECOMMENDED

TREND