谷中敦と尾崎世界観が語る、LINEで作詞作曲したコラボ曲誕生秘話

By RollingStone Japan 編集部 2015/09月号 P58〜65 |
東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦(左)クリープハイプの尾崎世界観(右)(ローリングストーン日本版2015年9月号掲載 Photograph by Yoshikawa Horita)

ーそれは非常に今っぽい作り方といいますか、興味深いですね。今までそういう作り方っていうのは経験あるんですか?


谷中:メールのやりとりっていうのはもちろんありますけどね。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのゴッチと共作したときはケータイのメールでやってたんですけど、今まで書いた分をコピペしてそこに付け足して書いたりしてたんで。今思うと結構面倒だったなっていう覚えがあります。

─それじゃ今回はLINEがメインで、たまに電話で補足みたいな感じだったんですか?


尾崎:いや、電話をしなくちゃいけない問題もなかったですね。


谷中:一回もなかったかもしれないですね。


尾崎:もう、意地になってるかのようにLINEのみで(笑)。でも電話をしなくちゃみたいなストレスもなかったですね。もうLINEで問題なく進んでいったから。


ーこれはもはや"LINE両A面シングルということでよろしいですかね(笑)。

谷中:いやいや(笑)、一応、男と女は両A面っていうキャッチコピーを2人で考えましたよ。男目線のラヴソングと女の子目線のラヴソングになってるっていう。男目線が『爆音ラヴソング』で女の子目線が『めくったオレンジ』」

後編に続く



COZOY Astrapi
スティック型のDAコンバーター&ポータブルアンプ
COZOY Astrapi

充電不要でiPhoneやiPad、PCといった各種デバイスに接続するだけで音質が向上するスティック型のDAコンバーター&ポータブルアンプ。サードパーティ製の高音質アプリや各種ミュージックアプリに対応しているため、アプリに応じた自由なエフェクトやイコライジングも可能だ。加えて「ONKYO HF Player」、「Radius NePlayer」、「Kaisertone」などを使用することで、ハイレゾ音源も再生できる。無駄を削ぎ落としたミニマルなデザインも大きな魅力だ。

オープン価格(COZY Astrapi/株式会社 小柳出電器商会 ☎03-5684-2151)

谷中:
これで聴くとベースの音とかが全然違いますね。


尾崎:奥行きが出ますね。しかも綺麗な音で、大きくしてもうるさく感じない。


谷中:すごく気持ちいいよね。ギターのノイズ音みたいなのも気持ちよく出るようになるし。ロックなざらつき感が、しっかり感じられる音に近づくのがわかります。


尾崎:確かにベースの音とかすごく良くなりますね、低音が。ベーシストはミスがばれちゃうかもしれないですね。これで聴く人が増えれば、ベーシストが今より頑張るようになるようになるかもしれない(笑)


SEKAIKAN OZAKI


尾崎世界観 ○ 1984年、東京生まれ。2001年に自ら結成したロックバンド、クリープハイプのボーカル、ギターを担当。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビューを果たす。2014年4月には日本武道館2Daysを成功させた。ハイトーンボイスと繊細な詩の描写は、多くの音楽ファンから絶大な支持を集める。3月には9枚目となるニューシングル「破花」を発売。http://www.creephyp.com/

ATSUSHI YANAKA

谷中 敦 ○ 1966年、東京生まれ。“東京スカ”を体現した東京スカパラダイスオーケストラのバリトンサックスを担当。オリジナルメンバーの一人であり、1990年にはシングル『MONSTER ROCK』、アルバム『スカパラ登場』でメジャーデビューを果たす。翌年には日本武道館でのライヴを実現。ゲストボーカリストを迎えたシングルは2001年より発表し、今作の両A面シングル『爆音ラヴソング/めくったオレンジ』ではゲストボーカルにクリープハイプの尾崎世界観を迎えている。2016年5月よりライブハウスツアー「道なき道を行く」の開催が決定。http://www.tokyoska.net/



爆音ラヴソング/めくったオレンジ
cutting edge 発売中






Text by Shigeo Hasegawa

RECOMMENDED

TREND