谷中敦と尾崎世界観が語る、LINEで作詞作曲したコラボ曲誕生秘話

By RollingStone Japan 編集部 2015/09月号 P58〜65 |
東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦(左)クリープハイプの尾崎世界観(右)(ローリングストーン日本版2015年9月号掲載 Photograph by Yoshikawa Horita)

ースカパラとしてはどうですか? 尾崎さんとのセッションで何か新しい発見のようなものはありましたか?


谷中:尾崎くんの個性をすごい感じながら作業できたのは自分にとってはすごく勉強になりましたね。歌詞を一緒に作るというのも大きかったですね。

尾崎:LINEでずっとやりとりして。


谷中:LINEでやりとり、いいよね(笑)


ーLINEですか? 作詞はLINEで?


谷中:そうですね。すごい便利ですよ、やりとりが一目瞭然なので。2、3日のブランクがあっても、どこまで話したか確認できるので。歌詞も直したものを繋げて書いたりとか。そういうことがすごくしやすいので、便利でしたね。

ーそう考えるとLINEは、作詞に便利なツールなんですね。


谷中:作詞以外でも便利ですよ。3人とかグループも作れるし。


尾崎:気にしてましたね、谷中さん既読とか(笑)。見てるのか、見てないのか?って(笑)


ー具体的には、LINEで詩を書くというのは、単純にお互いが交互に書き加えてやりとりしていくということなんですか?


尾崎:そうですね。


谷中:あとメロディも、唄い回しとかも送ってもらいましたよ。


尾崎:ボイスメモ機能を使って何秒間か実際に入れて送りましたね。生歌を。


谷中:なんか生歌を聴いて得した気持ちになりましたけど(笑)
Text by Shigeo Hasegawa

TOPICS

RECOMMENDED

TREND