谷中敦と尾崎世界観が語る、LINEで作詞作曲したコラボ曲誕生秘話

By RollingStone Japan 編集部 2015/09月号 P58〜65 |
東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦(左)クリープハイプの尾崎世界観(右)(ローリングストーン日本版2015年9月号掲載 Photograph by Yoshikawa Horita)

ーなるほど。ただそういう意識があるとはいえ、生きてきた時代は間違いなく違うわけですよね。わかりやすい例ですと、アナログ世代とデジタル世代といいますか・・・。そういう面のコミュニケーションの仕方について違和感はまったくなかったんでしょうか?


谷中:デジタルかアナログかというと、それは世代というよりも人間の種類だと思うんですね。世代ごとじゃない気がする。若いコでもアナログな人はアナログだもんね(笑)

尾崎:そうですね。それはありますね。


ー確かに。そういう意味でもまったく互いの違和感を感じなかったんですね。でも、そもそも今回のシングルを一緒にやるというのは、どういう流れがあったんですか?


谷中:スカパラのギタリストの加藤隆志という男がクリープハイプの大ファンでして。


尾崎:それこそローリングストーン誌のインタビューを読んで、興味を持って頂いたらしいんですね。もう2年ぐらい前だと思うんですけど。それでフェスで会ってからコミュニケーションを取るようになって。


─尾崎さんは、スカパラに対して率直にどういうイメージをお持ちでした?

尾崎:そうですね、すごく聴いてましたし、ボーカルでスカパラの真ん中で唄うということに、ブランドというか単純に憧れを感じていました。そこは目標というか・・・。一つの賞みたいな感じですね、僕のなかでは。芥川賞みたいな。スカパラで唄うとはそういうことです。

─それが現実のものとなり、このシングルができたわけですが、自分的にはその現実をどう捉えていますか?


尾崎:単純に嬉しいですね。一緒にやれたことがまず嬉しいし、いろいろやれることがあったというのも嬉しいですね。ちゃんと受け入れてもらえて、自分の意見も取り入れてもらえたし。自分の力でいいものになるかどうかという不安もあったんですけど、しっかりとした作品ができたし、自分らしいところも出せたし。それに自分が知らないようなこともいっぱい知れたから、よかったなと思ってます。
Text by Shigeo Hasegawa

TOPICS

RECOMMENDED

TREND