PICTURE

王舟 | 村尾泰郎 / フェリシティ

RollingStone Japan 編集部 | 2016/02/10 00:00

| |

洗練されていながらも骨太
上海生まれの日本育ちのシンガー・ソングライター、王舟。仲間とセッションを重ねて作り上げたデビュー作から一転して、新作はほとんどの楽器をひとりで演奏して宅録で作られた。R&B、ディスコ、ボサノヴァなどリズムボックスが刻むダンサブルなビートがアクセントになっていて、そこにアメリカン・ルーツミュージックの匂いがするギターの弾き語りが重なる。映画のサントラを思わせるインスト曲もあり、トミー・ゲレロの都会的なレイドバックやトロ・イ・モワの宅録サウンドに通じるムードを漂わせたその歌は、洗練されながらも骨太。

RECOMMENDED

おすすめの記事