HYDEインタヴュー(後編):ラルク結成25年「バンドが続くこと自体、ほぼ奇跡」

By Joe Yokomizo 2016/02月号 P35〜36 |
ローリングストーン日本版 2015年1/2月合併号掲載(Photo by Kazuyoshi Usui )

─ではHYDEさんの思うおしゃれとか、美しいものを言葉にすると?

何なんでしょうね。アートという部分で考えると、まさに僕の理想的な部分を持ってるのが、金子國義先生でしたね。高齢になっても、絵がいよいよおしゃれで洗練されていて。そこは僕にない部分ですね。たとえ僕に同じようなことはできても、何かが足りない。おしゃれであるためには、ある程度、時代を把握してないといけないと思うんです。それは、必ずしも最先端がいいというわけではなくて、「今の時代は過去のこれがいちばんおしゃれなんだ」とか、すべての時代を把握したうえじゃないとダメで。僕はたぶん、ある程度、現代のことはわかるし、美しいメロディは作れると思うんですが、だから僕は金子先生のそういうところに魅かれましたね。

─わかる気がします。

先生はええ齢してるのに銀座で朝まで飲んでましたもんね。で、いつも朝寝て、夕方起きるんですよ。もうけっこう高齢だったのに。僕は妖怪と思っていたけど(笑)。だからこそ、感性が若いままだったのかもしれない。すごく最後まで洗練された人でした。

─ 一緒に飲みに行ったりもしていたんですか?

銀座や、京都には良く行って遊びましたね。フランスにも行きました。

─ソロアルバム『FAITH』のジャケットは金子先生の絵ですよね。あれはどんなふうに依頼を?

「先生、ジャケットお願いします」と言ったら、「じゃあ写真送って」って言うんで「こんな感じの写真どうですかね」って俯いた写真を送って。

─イメージどおりのものが?

そうですね。でも、2回ぐらい描き直してくれてたみたいで。家に行ったら、失敗したものがありましたよ。

RECOMMENDED

TREND