HYDEインタヴュー(後編):ラルク結成25年「バンドが続くこと自体、ほぼ奇跡」

By Joe Yokomizo 2016/02月号 P35〜36 |
ローリングストーン日本版 2015年1/2月合併号掲載(Photo by Kazuyoshi Usui )

─「いなたい」っていうのをもう少し具体的に言うと?

洗練されてない感じというか。もちろんメロディやコード進行の部分では、全然K.A.Zくんにも負けてないと思うんですけど、トータル的な音作りになった時に、僕だけだとちょっと洗練されてない感じがすると思う。おしゃれじゃないというか。言葉で説明するのは難しいですが、結局一人だと曲を作る時にメロディとバンドサウンドだけで、けっこう目一杯なんですよ。もうそこにメチャメチャこだわるから時間を全部使っちゃう。それこそK.A.Zくんの曲であっても納得いかないとずっとメロディーを考えてしまう。だから、トータルでおしゃれというか自分好みのサウンドにするのが難しいんですよ。

─引き上げてくれるプロジューサー的な間買うの人が必要っていうこと?

そうそう、いてほしいですね。それがK.A.Zくんなんです。

─ラルクの場合は?

それは本当に化学反応で。逆にラルクでは、あまりおしゃれとか意識しないですね。

null
Photo by Kazuyoshi Usui 

RECOMMENDED

TREND