HYDEインタヴュー(後編):ラルク結成25年「バンドが続くこと自体、ほぼ奇跡」

By Joe Yokomizo 2016/02月号 P35〜36 |
ローリングストーン日本版 2015年1/2月合併号掲載(Photo by Kazuyoshi Usui )

─ラルクのメンバーとは、普段から連絡してるんですか。

ないですね。マネージャーを通じて。

─やっぱりそこは(笑)。変な話、それでバンドのグルーヴは落ちていかないんですか?

もうずいぶん一緒にレコーディングしていないなぁ。12月に出るシングルもけっこうバラバラで録ったんですよね。でも、それぞれが勝手に、お互い成長していたりするので。だから、それが組み合わさった時に、「あれ? また変わったね」っていうのがわかるんです。それがバンドとしてのグルーヴなのかどうか、わからないですけど。

─そうか、グルーヴ云々ではなくて、ラルクというバ ンドは成長し続けているんですね。

個人個人のレベルが上がっていたりとかね。そういう意味では、25年前には、この音が作れなかった感じはしますね。

─それもまた、バンドならではですね。

ラルクは特にそういう化学反応というか、バンドマジックを求めているメンバーも多いので。そういう意味では、すごくバンドらしいバンドだと思いますよ。スタジオミュージシャンじゃないから、やってみないとどうなるかわからない。だから、自分が曲を出して、「あれ? こんな曲になっちゃった」みたいなこともあって(笑)。それがいいふうに転ぶ場合もあれば、悪いふうに転ぶ場合もある。それがバンドだと思うんです。VAMPSは、完全にガチっと決めて作ってくので、大きなバンドマジックは少ないかもね。

─なるほどね。でも、今のところHYDEさんはソロだけでやっていくっていう選択肢はないわけでしょ。

僕だけでやると、すごく「いなたい」感じになるんですよ(笑)。K.A.Zくんみたいなちょっとおしゃれな人がいるほうが、僕好みのサウンドができるんです。

RECOMMENDED

TREND