デヴィッド・ボウイ、69歳で逝去:約50年間人々を魅了し続けた人生

Kory Grow | 2016/01/12 10:56

| 伝説的シンガーは18ヶ月、ガンと闘ってきた。(Photo by George Pimentel/WireImage) |

伝説的シンガーソングライター、そして俳優であるデヴィッド・ボウイがガンとの長い闘いの末、この世を去った。69歳だった。


ボウイのフェイスブックページでこのニュースが発表され、代理人はローリングストーン誌に対して彼の死を認めた。
「本日(2016年1月10日)、デヴィッド・ボウイは18ヶ月に及ぶガンとの闘病の末、家族に看取られながら安らかに亡くなりました」と声明は書かれている。「彼の死を共に悼むとともに、皆さんには深い悲しみのときに家族のプライバシーを尊重していただきたいと思います」。

ロック史上約50年間に渡り、最も創造的で非凡な声の持ち主だったボウイは、その音楽において、神秘と反逆、好奇心を何よりも大切にした。彼は人々の予測の及ばぬ存在であり、人生を通して多種多様な外見を披露し続けた気まぐれなアーティストにして、ファッションアイコンだった。反体制派のフォークロックの宇宙人として誕生した彼は、その後オレンジの髪を持つ両性具有のグラムロックのエイリアン、ジギー・スターダストに生まれ変わった。そして美しい身なりをし、ブルーの瞳を持つファンクの大作曲家、シン・ホワイト・デュークへと変わり、ドラッグを愛するアートなロッカー(ベルリン三部作時代)、ニューウェーブのヒットメーカー、ハードロッカー、そしてテクノの支持者にして、ジャズの印象主義者になった。芝居がかったものに対する天賦の才能で、彼は多くのファンを惹きつけた。


Translaion by Yoko Nagasaka

RECOMMENDED

おすすめの記事