12人が語るhide:LUNA SEA SUGIZO「圧倒的譜振り幅はやはり天才たる所以」

By Joe Yokomizo 2015/12月号 P28〜28 |
ローリングストーン日本版2015年12月号掲載
特集:12人が語る普遍のクリエイティビティ
Chapter 03 LUNA SEA/ X JAPAN  SUGIZO
最先端の音楽をエンタテインメントに落とし込んだ天才

デビュー当時のSUGIZOにとって音楽の面だけでなく、あらゆることに親身になって面倒を見てくれたhideは、まさに兄のような存在だった。その教えは今もSUGIZOに深く根づき、hideの遺伝子を引き継ぐ唯一無二のギタリストとして、運命に導かれるようにX JAPANで後継を務めることになった。そんな彼だからこそ知るhideの才能とは。

─SUGIZOさんから見て、hideさんのいちばんの魅力は?

常に好きなことを探して、音楽にしても遊びにしても、全方位に興味を持って全霊で挑んでいたところですかね。それは本当にピュアな精神で、高尚な意識やメッセージなどではなく〝ただ新しいものを創りたい〟と、まるで子供の泥遊びのように音楽を弄っていたんでしょうね。そうやって新しい掛け合わせを試したり、新しい音や表現に即座に反応して取り入れるアンテナの感度はピカイチでした。ただ、音楽に関しては挑戦的だったけど、自分のファッションやヘアメイクなどに関して、実はとても保守的なところがありました。自分にコンプレックスを持っていて、すべてはそれをカバーするためのものだった。そういうところも愛おしいですよね。

─パンクでクレイジーだけど、どこか近さを感じるのはそういうところなんでしょうね。

『YOSHIKIは雲の上の存在でいいんだ、だから俺はファンに近付きたい』とよく言っていました。それに、感覚派のようで実は何事にも理由が伴っていて、何事も深く考えていた人でした。クレイジーなのは酒飲んでる時だけで(笑)。酒を飲んでふさげて車の上から落ちて骨を折ったりとかする子供みたいな人だったんです。
Text by Rika Suzuki

TOPICS

RECOMMENDED